カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「個別トロフィーレビュー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個別トロフィーレビュー


この記事ではタイトルにとらわれずに思い出に残っているトロフィーや、作業が膨大だったり、運が必要だったり、高いスキルが求められ取得が大変なトロフィーなど思い入れが深いトロフィーに関してまとめていきたいと思う。
最終更新2016/7/13

この記事は読者参加型の記事になっています。
思い入れの強いトロフィーがある方はコメントやメッセージを送っていただけると嬉しいです!
都度で記事に追記させて頂きます!

●根気系
hakainohateni.png破壊の果てに
対戦モードの1P VS COMの各マップで全てのオブジェクトを破壊する
ブロンズドラゴンボールレイジングブラスト(PS3)

オブジェクトを破壊するために全10ステージをぐるぐる回り地道に破壊していく3D酔いとの戦いになるトロフィー。
COMもいるので画面がぐるぐる動き、酔いを加速する。
なんとか全ステージを周ったとしてもどのオブジェクトの破壊したのかはシステム上では確認出来ないのでトロフィーが取得できなければ、闇雲にまたオブジェクト破壊マラソンをしなければならず体力と精神力が求められる。

lightning_strikes.png避雷針って何?
200回連続で雷を避けて報酬を受け取る
ブロンズFINAL FANTASY X HD Remaster(PS3/PS4/vita)

雷を避ける。
ただそれだけながら持続した集中力が求めれられるトロフィー。
攻略法が確立されてはいるが、1度失敗するとまた1からなので終始油断できない。
カウントも自分でしなければならないのが地味に大変。
200回に近づくとおのずとプレッシャーも高まる。
そんな時に雷はやってくる。
せめて半分の100回であれば…

ryu3_minigamemaster.pngミニゲームマスター
ミニゲームのを全てコンプリートした。
ゴールド龍が如く3(PS3)

龍が如くシリーズでトロフィーがついた初の作品。
全20種類のミニゲームごとに決められた条件を満たせばトロフィー獲得となる。
その中にいくつかコンプが大変なミニゲームが存在する。

【アンサー×アンサー】
ゲームセンターで稼働していたクイズ形式のゲームが龍が如くでもプレイ可能に。
CPUの博識ぶりに涙を呑むことが多数。
特に一問多答クイズのCPUの正答率が容赦ない。
そのうえ問題も難易度が高い。
ロマノフ王朝を選択せよ!なんて問題を勘でなんとか答えていても、CPUにどんどん正解され誤答するか残りの正解をすべてもっていかれるか負の二択を迫られる気の長い戦いをしなければならない。

【ビリヤード】
最上級である特級中里精治はまさにプロ級。
1度失敗すると恐怖の中里メドレーが始まる。
中盤以降でミスをしようものなら自分の番が回ってくることがなく華麗な中里テクニックを見るだけで負けとなる。

ちなみにダーツのCPUの腕前もなかなか。
上級にもなってくるとほぼミスをしないので百発百中で狙い通りに的を仕留めるゴルゴ並みの実力が必要。

【バッティング】
龍が如くシリーズ恒例のバッティングセンター。
最上級のエクストラハードは160キロのストレートから80キロのカーブまで余すことなく球速と球種を使い分ける一流のプロレベルの投球である。
さらにその打球を目的の的に目印なしで打ち分けなければならない。
的をセロハンテープで自作し、球種や球速を暗記するのが攻略の近道という地道な努力が求められる。

トロフィーの難易度の苦情が多かったのか次作の龍が如く4のトロフィー難易度はかなり易しめになっている。
ちなみに龍が如く3はベスト版と通常版でトロフィーが別扱いになっているので2つのミニゲームマスターを取得することが可能。
スキルと根気に自信がある人はチャレンジしてみてはどうだろうか。

(情報提供 グラットニィ さん)

●作業系
words_complete.png全台詞収集
すべての台詞がギャラリーで閲覧可能になった
ブロンズ真・三國無双7(PS3)
1周30秒ほどのステージをただひたすらにこなすザ・作業のトロフィー。
全77武将を男女で1周ずつこなす必要がある。
9戦で1武将の好感度がMAXになる。
30秒×9回戦×77武将×2セットで約12時間無心でマラソンをするのはなかなか大変。
ステージも単調で、難しくもなく、工夫が入り込む余地がないのでひたすら最短距離で旅団長を倒すだけのマラソンとなるのがまた時間を長く感じさせる原因となっている。
作業用BGMやラジオの便利さを身に染みて感じられる。

blood_bank.png大量虐殺
10000キルを達成する
ブロンズKILLZONE: MERCENARY(vita)

ひたすらキル数を稼ぎマラソンを強いられるトロフィー。
それ以外のトロフィーを全て集めた時点でだいたい6000キルほどなのでその後は同じミッション(一周約70キル)をひたすら繰り返す必要がある。
効率を考えると同じステージをひたすらに繰り返す必要があり、キル数を稼ぐことのみに特化したプレイになり作業感が増す。
少なく見積もってもおおよそ10時間以上はマラソンすることになる。

(情報提供 名無しさん)

●運系
blank.pngブランク図柄集合
ブランク図柄集合を見た
ゴールド激アツ!! パチゲー魂 「CRヱヴァンゲリヲン~始まりの福音~」 (PS3)

出現確率1000万分の1。
パチンコゲーらしく究極の運が求められるトロフィー。
宝くじの1等が当たる確率と同じ。
しかもブランク図柄は大当たりの際に出現する演出となる。
大当りの確率は350分の1なので、その350分の1を当てそこから1000万分の1の抽選が行われる。
もはや8億円の宝くじを当てるより運が必要なのである。

●オンライン系
abaretekitaze.png暴れてきたぜ
世界に旅立ち15勝する
ブロンズ侍道4(PS3)

オンラインでつないでいる相手のゲーム内に自キャラが登場し、相手を辻斬りできると1カウント。
どの相手にいくかは自分では選べないので相手のスキルや相手が戦闘をしてくれるかなど運による部分が大きい。
自分が出来る工夫はなるべく強いキャラを作るくらいしかできないのでなかなか歯がゆいトロフィーである。
侵入してくるキャラにはキャラ名が表示されるのだが「斬られてください」と出た時にはそんな工夫もあるのかと驚かされた。

UNO_rank50.png世界トップ50位にランクイン!
トップ50位にランクインしたらスコアボードを要チェック
ゴールドUNO(PS3)

UNOに限ったことではないがランクイン系はスコアボードがリセットされない累積系だと発売日から時が経てば経つほど取得が困難となる。
日本ではなく世界50位というのがまた厳しさに拍車をかける。
発売日では数時間プレイすれば獲得できたトロフィーだが、2016/7/1現在発売から約7年ほどたった現在ではそうプレイヤー数667755人。
世界50位が1057205ポイント。
順位が変動しないにしても1時間で1000ポイント取れると仮定して、1000時間以上かかる計算となる。
運ゲーなので獲得できるポイントが一定でないのも悩ましい所。

●アイコン系

トロフィーを取るうえでアイコンも楽しみの一つだったりするのだが、ここでは変わったアイコンなどについて紹介したいと思う。

【縦の一枚絵系】
トロフィーをすべて取得すると縦に1枚の絵が完成するタイトル。
複数の絵になるパターンのものも。

・GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動(DLC)(PS4/vita)
・ファンタシースターオンライン2(PS4/vita)
・ファンタシースター ノヴァ(vita)
・Destiny of Spirits(vita)
・タイムトラベラーズ(vita)

まだまだ情報求めていますのでなにかあればお気軽にコメント等で連絡頂ければと思います。<(_ _)>
スポンサーサイト
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。